DAIWA HEARTLAND HL6102LFS-AGS13 冴掛 LEVEL DIRECTION

西日本釣り博が終わって1週間。
先週の今頃は余韻に浸ってマジでほわ〜んとしてました。
楽しかったなぁ...
釣り博...
またやって欲しいなぁ...



釣り博からの帰り、購入したジョイクロの長谷川ピンクVer2の自慢をする為に毎度の某N氏の釣具屋に行きました(笑)
その時、ロッドを見ながら話ししてたら、釣り博の会場で見たとても気になるロッドを目にしてしまいました(笑)
それがこの冴掛LEVEL DIRECTION(以下Lデレ)でした。



袋から出されてまた釣具屋で触ってると、前々からN氏にリクエストしてた



「ソリッドティップで且つシャキッとしたロッド」



って物に確実に一致してました。
人間、極度のテンションマックス状態と疲労が重なると無意識の内にやっちゃうもんですねぇ...
購入しちゃいましたwww



IMG_0678.jpg



じゃーん♪



DAIWA HEARTLAND HL6102LFS-AGS13 冴掛 LEVEL DIRECTION



この札(?)にコンセプトが色々書いてあります。



■6102LFS-AGS13 【冴掛 Level direction】
村上晴彦がAGS(エア・ガイド・システム)のアドバンテージを最大限に生かそうと研究を重ねた結果生み出された意欲作。ひとことで言えば0.8号のPEライン+1.5号のフロロリーダーで50アップを釣るための竿である。「軟らか強い」と、本人はいつものように独自の表現方法でこの竿を語ってくれたが、要するにパワーが変幻自在に移り変わり、釣り人の意図を忠実に反映してくれるということ。だから、軟らかい竿として使いたい時、強い竿として使いたい時、それぞれに言うことを聞いてくれる。「そやからリールを無茶苦茶巻け、魚の顔をこちら側に向けさせることができる」能力を持っている。

ベースは今なお名竿として語り継がれるHL-Z 682LFS-ti 冴掛 Midge direction。これにAGSをコラボさせることにより、PE PERFORMANCEコンセプトのさらなる進化を見た。PEラインにありがちなライントラブルを極限まで低減させ、超軽量リグを気持ちよく扱うため、2000番サイズ以下のスピニングリールと細糸PEの使用を前提に、ダイワ独自のAGSと村上晴彦の理論が融合したこだわりのオリジナルガイドセッティングを施した。AGSの軽さがブランクのポテンシャルを最大限に引き出し、キャスト時の空を切るようなシャープな振り抜けを実現させた。村上が「シュッとまっすぐに飛んでいくで」と評したように、そのフィールは異次元の気持ち良さ。そしてティップ部のブレの少ないライン放出はアキュラシーキャストを生み出し、一般のチタンやSUSフレームガイドよりも高剛性ゆえ、感度も向上。

さらに穂先にはしなやか且つ鋭敏なメガトップを搭載し、チューブラーにはブランクのネジレを極限まで抑えるX45を纏っている。感覚はオールソリッドに近いが、ベリー~バットはチューブラーなので驚くほど軽い。魚を掛けてからも、ガイドがたわまない分、竿がキチンと仕事をしてくれ、穂先から徐々に曲がって美しいカーブを描く。このよどみない曲りはダイワの技術の結晶であるV-JOINTとヘラ合わせの賜物。冴掛 Midge directionを6’10”という絶妙なレングスに延長することで、より幅広いフィールドに対応できるようになった。驚くのはシャッド等のプラグのトゥイッチやジャークにも穂先が負けないこと。したがって、使用ルアーの幅は意外に広い。結果として、これ以上ないと思われるライトリグ万能の「遊び竿」が完成。「今日はこの竿で気持ちよく遊んでみたい…」そんな趣味の世界を最高に満喫させてくれる一竿である。



ダイワ ハートランドスピニングロッドのページ



IMG_0679.jpg



自重95g!
めっちゃ軽いです。




竿袋はこんな感じで...



IMG_0680.jpg




冴掛のロゴがまた和風でいいじゃないですか。
この時点でカッコいい!




ロッドにもこんな感じで



IMG_0681.jpg




HEARTLANDのロゴもかっこいいよね。
そして、リールシート



IMG_0682.jpg




このモスグリーン加減!
めっちゃ好きな色。
コスメも公式に書いてある性能も求めていたのその物。



実は25日の釣行に持って行きました。



残念ながらノーフィッシュで終わったのですが、ロッドのフィーリングに大変驚きました。
キャストフィールは確かに素晴らしいです。
ティップの収まりがいいと言うかなんと言うか...
ただ、初めて使うタイプのロッドなのでキャストはちょっと慣れが必要かもしれませんねぇ。
先日はネコリグをメインに使ったのですが、先ず着水してワームが着底した時にシンカーがボトムに当たった時の「コンッ」って感覚が手元に伝わってきました。
すごい感度の良さ!
もちろん、ネコリグを「トントントン」ってボトムを動かすとその都度手元に底の感覚が伝わってきます。
何度か岩にスタックしたのですが、最初にスタックした時、バスがバイトしたかのような感度の凄さ!
これはもう凄すぎです。



あちこちのブロガーさんのレビューブログを拝読したのですが、シャッドのトゥイッチングもやりやすいらしく、次回はそれもやってみたいと思います。
ただ、ルアーウェイトが3/16(5g)になってるのですが、1/16oz(1.8g)のスモラバにゲーリーの3インチシュリンプ(自重約3g)総重量約5gのルアーをセッティングしたらキャストしにくかったですね。
ルアーウェイトも含め今後色々研究して行きたいと思います!



次回の釣行はこのロッドの



「冴え渡る掛け心地」



を体験できたらいいですねぇ。
これ1本で遊びに行く機会も増えるかもしれませんね(笑)



夏頃に別誂冴掛買ったりしてね(笑)
















最後まで読んでいただいてありがとうございます♪

お陰様で復帰後50UPの目標をクリアする事が出来ました♪

これからも頑張ってたくさんのビックバスを狙っていきたいと思います♪


バスフィッシングランキングにも参加してます。

皆様の応援クリックお願いします!


<br />にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ


にほんブログ村



相互リンクも受け付けてますのでお気軽にお声かけくださいm(__)m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

またかw
買いすぎw
じゃく氏様
あなたバス釣り行きなさいよ(笑)

管理者のみに表示